ローン返済で困った時

婦人

住宅ローンを滞納して返済に窮したならば、早急に任意売却の相談をする必要があります。例えば収入が減少した場合、いずれ持ち直すことを期待して保有を続けるのは危険です。やがてローンは保証会社に代位弁済され、その後に一括返済を求められるからです。任意売却は通常の仲介業者よりも専門業者に頼む方がベストです。というのも、債権者と交渉して債務者の生活の立て直しに尽力してくれるからです。任意売却をした場合、競売で処分されるよりも良い条件で住宅を手放すことはできます。けれどもローン全てを返済できない時は、残債は分割返済することになります。任意売却の専門業者に相談することで、普段の少ない返済計画を提案してくれます。さらに場合によっては残債を圧縮してもらうように、債権者と交渉も行なってくれます。つまり借金を減らしてくれるわけです。そのためには、まずローン返済が滞るようになった時点で、すぐに相談する必要があります。時間が長引くと活動できる期間が短くなってしまうからです。競売の通知が来てからも、裁判所に申請することで延期してもらうことは可能です。けれども買い手探しの時間も限られますし、債権者との交渉時間も少なくなります。少しでも有利な条件で住宅を処分して、生活の再建を計画することが大事です。そのためには、任意売却の経験が豊富な専門業者への相談が大切です。高値で売りたいと一般の仲介業者に頼んでも、その後の生活に関しての相談はできないからです。